starcraft2 久々のnetwork 対戦

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

さて正月早々何をしていたかというと・・・

starcraft2 で久々のnetwork 対戦をしていました。




赤が自分(Terran)、青が対戦相手(Terran)

Terran:
・宇宙に進出した人類の末裔
・歩兵は攻撃力が高く、回復支援を受けていると強い
・戦車が強力。これを使わない手はない
・機械ユニットはワーカーで修理ができる
・輸送機を利用した戦術が強力
・見た目が人間であり、直感的に分かり易い

Protoss :
・高度に発達した文明を持つ宇宙人
・1体1体のユニットはシールドを持っていて非常に固く、攻撃力も高いがコスト(鉱石、ガスの必要数)も高い
・シールドは非戦闘時に回復するが自身のHPは回復しない。
・サイオニックパワーを用いて広範囲に大ダメージを与えることができる
・ワープ技術を用いることでユニットを瞬時に転送できる
・少数精鋭なので操作が一番楽

三種の種族のもう一つの種族Zerg
(以前はメインで使っていたが2になって使わなくなった)
Zerg:
・宇宙を旅しながら数多の種を取り込んできた凶暴なエイリアン
・1体1体は弱いが、非常に多くのUnitを生み出せるので数で圧倒できる
・生産方式が特殊で、任意のUnitを大量生産することが容易
・機動力と偵察力が高く、それを駆使して多くの資源を取って勝つ種族
・中盤以降は正面対決が苦しくなってくる
・初級レベルでは扱いやすいが、中級レベルからは扱いが難しくなる

序盤の建物のオーダーはまあまあ。
マリーンの数がある程度揃い、偵察に出掛けるも途中で敵に遭遇し、自陣に引き上げ、なんとか守りきった。
相手は今度は2ndに攻めてきてバンカーを作った。バンカー作戦だな。
Cheeseな作戦だ。
(Cheese:型にはまらない戦略。奇策。防ぐには偵察が重要。アニメなどに出てくるチーズのように、穴だらけの戦略という意味。対策されてしまえば終わりの戦略)
案の定、バンカーラッシュを防いだらドロップしてしまいましたね。まぁ勝ちは勝ちか。

やっぱりブランクがあり、うまく操作できてないですね。
・2ndベースを飛ばして攻撃を防ぐのが遅く、破壊されてしまっている。
・タンクを折角作ったのにバンカーの射程外に配置している。
・Banshee(対地エアーユニット)で対空できるマリーン2体を破壊して、もう相手に対空で攻撃できるユニットがないのに腰が引けて直ぐに攻撃にまわってない。
思い切った攻撃、やられそうな時はユニットを減らす前に退却するという冷静な判断力が求められるが、それはやはり数をこなして慣れる事と、REPLAYを見ての研究が欠かせない。が、オレはそんなに暇じゃないからこれでいいんだよwこれでいっぱいいっぱいだよw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック