Windows 7(64bit),Vista(32bit)デュアルブート

あまり買う気がなかったWindows7でしたが自作4号機

のOSはVista(32bit)でメモリーは4GB積んでいるのに

3GBしか認識せず残りの1Gは遊んでる状態。

RAMディスクという手がありますがどうも面倒だし4Gは

使わないだろうとやる気が起きません。

年末になり、7のDSP版が値下がりした事と仕事場に

自作4号機を持ち込んでマルチタスクでCAD製図をしたら

メモリーを70%消費していたのでWindows 7(64bit)

の導入を決意。

4号機のVistaを妻が使っている自作3号機に移そうと思っ

たがVista用のマザーボードのドライバーが供給されてない

ので断念し、64bitで動作しないアプリも考え、Vista 32bitは

そのまま残して7とデュアルブートで構成する事にします。

※32bit→32bitではデータの移行は出来ますが
VISTA32bit→WIN764bitではVISTAのデータを
7に移行することは出来ない事も考慮。



最終的に使われなくなるVistaを削除する事になると思う

と勿体ないような気がしますがね・・・

(Vista必要なかったべ・・・短命Vistaに南無~



Cドライブの空き容量は50%、250G程有るのでパーテーションを

新たに作成して7をインストールする方法もありますが写真や

デジタルビデオカメラで撮影した動画が30Gを超えていたので

今後のデータの増加を考え、500GBのHDDを増設し、それに

7をインストールする事にします。



7はProfessional 64bit DSP版のHDDセットを購入。
(2万を少し切る価格でした)

Windows7 のWindows XPモードも気になるところです。
( Professional以上が対応、HomeはXPのライセンス必要)






Windows7 Professional 64bit DSP版とHDD
画像








先ずはPCケースの側面、前面パネルを取外し

既存のHDDの下に新HDDを取付ます。
画像


画像




マザーボードによりますがSATAポートはここです。
(ビデオカードが邪魔で既存HDDの上には取付不能)
画像



画像






取付は前面から3.5インチベイに入れます。
画像





HDDを奥まで入れる前にケーブルを接続します。
画像

どこに差込んでも大丈夫の様です。



取付後
ケーブルがゴチャゴチャだ・・(^^;)
画像



画像






起動しHDDが認識されているかBIOSで確認。
画像





Windows7のディスクがある光学ドライブから

BOOTするようにしてインストールが始まります。
画像





インストールする場所の選択画面です。

先ほど取付た未割当てのHDDにインストールします。

新規のHDDだと予めインストール前にパーテーション(領域)

の作成、フォーマットをしなくてもいいので楽ですね。
(パーテーション作成はインストール時に出来ますが)

間違えてVistaのHDDを選ぶとデータが消えてしまうので

間違えないようにっと・・・
画像




後は待つだけと子供と遊びます
画像


画像





インストールが終わり再起動するとWindowsの選択画面が

現れました。
画像


以前Win2KとMEをデュアルブートしたときと変わらない

画面ではないか・・・もうちょっと色気がほしいな・・・




7を選択し、無事に起動
画像


画像





壁紙をスライドショーに出来る機能を発見。
画像





インストール前にグラボ、マザーの64bit用ドライバーを用意

していたが自動でダウンロードしたようで全く使わずじまいで

した。

OSのインストールの敷居が低くなったのかなと思えたが

メーラーが入っていないなど上級者への自由度も残し

たようですね。

今回はデュアルブートでVistaも起動出来る為、メモリーを消費する

XPモードは今は使う気はないけどブログのネタに困ったら

やってみようっと(^^)V

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック