オーバークロック

自作4号機も製作から1ヶ月経過し、なんら問題無いまま

に過ごしていますがコレが全く面白くない!

この自作機はBLIZZARD ENTERTAINMENT社のPCゲーム

「Star Craft2」の為に組んだ様なもんですがその

Stsr Craft2の発売が未だに決まってないのです!

ゲームの開発は既に終わっていて、今はゲームバランス

の調整作業をしている様です。

中途半端な物を出したくない気持ちは分りますが

後からパッチだの当てる様にして早く発売して欲しい

ものです!(普通に発売しても頻繁にパッチが当たるのだが・・・)

今プレイしている(していた?)オンラインゲーム(KNIGHT ONLINE)
 
はCPU稼働率が50%(しかも2個あるコアの1個だけ使って50%の
稼動です)

と余裕有り過ぎで物足りないしこのまま自作4号機をブログだけに

使うには宝の持ち腐れです^^;

自作機はこのままでも何の不満もないですが折角の自作機

なのでアレをする事にします。

アレって?そうアレです!CPUのベースクロックを上げて、

性能アップを図る「オーバークロック」です!
(以降OC)

OCは定格以上のクロックでCPUを動作させる為、メーカー保障の

対象にはならず、リスクがあります。
(メーカー保障と言っても自作なのでパーツ単位ですが)

真似して壊れても何の保障も致しません。

全て自己責任でお願いします。

ただクロックを上げるだけだと動作が不安定なのでCPU

への供給電源(Vcore)の電圧も上げて波形がはっきり出る

様にカツを入れます。

通常BIOSで電圧を変えるのですが今回はブースト支援アプリに

設定を任せてみます。

ここで心配なのはCPUからの発熱です。

自作機のCPUファンはリテール品(CPU付属)のファン

なので冷却が間に合うかどうか・・・

様子を見ながら無理をしないでやってみよう!
(普通はCPUファンから手を入れるのだがカジュアルクロックアップと言う事で)


自作機に搭載したCPUは

Intel Core 2 Duo E8500

動作クロック 3.16GHz(FSB1333MHz)

(このCPUは空冷OCで4GHz常用との情報があります)

E8500は発売から1年経過しており値段もこなれてきて

大分安くなりました(18,000円)

Core 2 Quad Q9650 3.0GHzも候補にありましが

31,000円と割高感がありゲームでは4つのcoreをアプリ

がうまく使えないのでCore 2 Duo の方が処理が早いそうです。

しかしながら3GHzのcoreが4個もあれば早いに違いないので

Q9650 の値段がこなれてきたら買い時かも知れません。
(自分は25,000円くらいが目安かな)



マザーボード : ASUSTeK P5Q
画像


このマザーにはWindowsからOC出来るブースト支援アプリが

付属されてたのでWindowsから手軽にカジュアルオーバー

クロックしてみます。

ビデオカード : nVIDIA GeForce 9800GT 512MB GDDR3-256bit DVI×2/HDTV(9800GTXが良かったんですけどね)

メモリ : TEAM PC8500 DDR2 4GB 1066MHz(2GBx2)

PCケース : Antec Three Hundred
背面、上部にケースファンがあり風通しがかなり良いです。
画像


電源 : 550W
(問題ない容量でしょう)





ノーマル状態での計測

画像

画像



superπ 419万桁 1分26秒  FFベンチ(H) 8750






ブースト支援アプリを使ってベースクロックを400MHzにすると

400×9.5(倍率)=3.8GHzで動作してます。

画像


画像



superπ 419万桁 1分12秒  FFベンチ(H) 9612


動作クロックもベンチマークも数字的には上がった様です。


しかし様子を見ながらと言っていたのにいきなり3.8GHzで動作させる

とは・・・・^^;

Vcoreの電圧は1.3Vと変わりません。気になっていたCPUの温度ですが

意外に低く、高負荷でも39℃までしか上がらないのでこのままの

リテールCPUファンでOKの様です。

取り敢えず今回はここまでとし、3.8GHzで常用する事にしました。

今回、OCを試してみてカジュアルオーバークロックで4GHz常用出来そう

な感じがしますが、やるならCPUファンに少々不安がある為、ファンを

大型の物に交換してからと思っています。

4G常用はやるかは分りませんが、このままStar Craft2の発売が長引く

様ならやってしまうんでしょうね・・・・

まぁやっても効果を体感する事もないしベンチマークの数字が

ちょこっとUPの自己満足だけですけどね(笑)



※Vcoreの電圧が1.3Vは通常では高過ぎる数値ではないかと
思います。OC前の計測はOC後に元に戻した数値なので電圧が元
に戻ってない可能性があります。通常のVcore電圧は1.072V程度
の様です。


注)これは動作を保障するものではありません。
電圧を上げる等によりCPU含めパーツの寿命が低下しますので
OCは自己責任でお願いします。
尚、壊れた場合の一番のダメージはパーツではなく自分自身でしょう^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック